ソウルメイトが既婚者の場合

トップページ > ソウルメイトとの結婚 > ソウルメイトが既婚者の場合

既婚者がソウルメイトだった時はどうなる?

ソウルメイトと知らずに惹かれて、好きになった相手がいて、何らかのきっかけでソウルメイトと分かれば、非常に嬉しいと思います。しかし、相手が結婚していないとは限りません。もしもソウルメイトが既婚者だった時は、どうすればいいのでしょうか?
相手が既婚者とシングル、先生と生徒、医者と患者など、結ばれることが困難な立場だった場合、それは現世でそのままの関係性で乗り越えなければならない課題があると考えられます。ソウルメイトの相手が既婚者でも、自然に惹かれ合って、自然にパートナーとの関係が解消されて、その後で結ばれるのなら問題は何もありません。しかし、相手が既婚者であったり、お互いが既婚者であったりする場合は、強引に結ばれようとすれば問題になります。
ソウルメイトは、必ず恋人や結婚相手として自分と結ばれて幸せになると考えてしまいがちですが、そんな魂のつながりではありません。ツインソウルは結婚や付き合うことなどの俗世的な関係性を求めているのではなく、スピリチュアルな次元で、同じ目的を持って生まれてきています。そのため、必ず結ばれなくてはいけないと思い込みは魂の目的ではありません。目に見えない深いところでつながる関係を目指して、ソウルメイトと関係性を作っていくとよいでしょう。