ソウルメイトとの結婚

トップページ > ソウルメイトとの結婚

ソウルメイトとの結婚はどういうものを真剣に学びましょう

結婚といえば、最近でこそ、多様な価値観、経済や社会情勢の変動などもあって、離婚、晩婚なども珍しくはないとはいえ、人生を表す四文字熟語である、「冠婚葬祭」にも含まれるほど生涯に一度の大イベントなのは今後も揺らぐことがないことでしょう。祝福されながら誓いの言葉を述べたり、ウェディングケーキを切ったり、お互いの両親に対するお礼の言葉を述べたりといった晴れの日となるのが結婚です。

さて、結婚するカップルの過程を見ると100組いれば100通りの歩みがありますが、その中でソウルメイトと呼べるほどの間柄のカップルも少なからずいるですが、「彼らは果たして結婚してからどのような夫婦生活を送ることになるのか?」と言うことに対して気になる人も多いことでしょう。もちろん、「魂の伴侶」といわれるソウルメイトであっても、結婚したとしても喧嘩をしてしまうことがあっても珍しくありません。ただし、それから仲直りなどをしてより大きな絆を作ることが普通の夫婦よりは高いのではないかといえます。

以上のことから、お互いを尊重しあえる関係を築きやすいソウルメイトは、単に夫婦というカテゴリを抜きに観なくてはいけない存在かもしれません。

これから、それを知っていきましょう。

ソウルメイトによる夫婦生活ならではの特徴

●愛を常に感じられる
ソウルメイトの間には、言葉をかけなくても常に深い愛が感じられます。それこそ、単に目を合わせてにこっと笑ってあげるだけでもいいということです。「言わぬが花」を文字通り行くタイプといっても過言ではありません。また、あなたがソウルメイトのために自慢の料理の腕を披露したくなったとします。その時に、「今日の御飯の献立」を考えた結果、パスタに絞り込むことができました。さっそく、スーパーで買い物にいって、パスタと具材を買おうとしました。しかし、その時、ふとソウルメイトの顔を思い出したとします。「あ、彼はオムライス食べたそうな顔をしていた!」と考え直したことで、急遽、オムライスを作るための献立に変更となりました。案の定、ソウルメイトは無邪気に喜んで食べてくれました。そこに、「美味しい」という言葉が飛び交うにしてもそうでないにしても、とても嬉しく感じるでしょう。これだけでも十分なのに、さりげなく就寝前に、「ありがとう」と感謝されたらもういうことはないはずです。こういった、言葉を交わさなくても分かり合えるのがソウルメイトです。

●隠し事がない
ソウルメイトといえども、人生における隠し事の一つや二つあってもおかしくはありません。特に結婚をして夫婦となった場合は、「浮気」というものが脳裏をよぎるでしょう。しかし、迂闊に自分が知らない異性と会っていたからといって、一律浮気と指摘するのもナンセンスなことです。ただ、なかなか言葉に出すのは躊躇ってしまうことは避けたい傾向にあることも考慮しなくてはなりません。それであれば、「ソウルメイトの間柄が浮気一つで安々と壊れるほどのものなのか?」という観点で考え直して、こちらから相談をしてみることです。もちろん、その際は、自分の中で話をしっかりと聞くこと、そして、「よく話してくれた!」と許しを与えることが重要です。隠し事をせずに事実と向き合うと言うことは、ソウルメイトの意義をより見出せる近道ではないかといえます。

●その他
上記以外にも、「過ちを受け入れること」「年齢に関係なく愛を感じられること」など、ソウルメイトならではのことが挙げられますが、いずれの内容であれ、だからこそ乗り越えられるものであるといえます。なお、一般的に、結婚披露宴の際に持参する祝儀袋は、「結び切り」のものを選択します。これは、「一回限りで結婚は十分」ということを意味します。冒頭で述べたこともあって、なかなか結婚の難しい時代となっていますが、慣習一つから見ても、ソウルメイトのような存在を探し出して結婚をすることがいかに大きな意味を持ってくるのかということに繋がりますね!