ソウルメイトとの別れ

トップページ > ソウルメイトとの別れ

ソウルメイトと別れることもある

魂の伴侶と言われるソウルメイトと出会うことは、人生の中で非常に意味があることです。ソウルメイトと出会うまで、つらい人生体験をして苦しい思いをしたという人は人生で初めて安らいでいる時間を過ごせて幸せだと感じますし、自分は一人だと孤独な思いをしていた人は寂しい思いをせずに幸せだと感じるでしょう。また、過去世から深いところで繋がっているソウルメイトと、出会えた喜びを感じることが多いです。そんな運命の相手とも、必ずしもではありませんが別れることがあります。
予想していなかった、ずっと一緒だと思っていた、いつか分かり合えると思っていた、と感じる人がほとんどで、別れは辛いものになります。しかし、出会うことにも意味がありますが、別れにも意味があります。別れの意味を知ることで、辛い思いが自分にどのような変化をもたらすのか、これからどうすれば良いのか考えることができるので、ソウルメイトと別れた人は参考にしてみてください。

ソウルメイトとの別れの意味とは?

ソウルメイトとの辛い別れにはいくつかの意味があります。ソウルメイトは魂の仲間とも呼ばれ、それぞれに役割があり、役割の本質は変わりません。役割は魂の学びによって形は変わります。例えば、愛することの本質を教えるために、自分が攻撃する側、ソウルメイトが攻撃される側になることがあります。役割だけでなく、魂の成長を目的に持って生まれてくるとされています。そのためソウルメイトと離れることは、魂の成長の学びを終えたからと考えることができます。
次に考えられる意味は、ソウルメイトはかなり多くいるとされていて、必ずしもその相手が人生を共にする相手とは限らないので、役割を乗り越えられたら、次のソウルメイトと出会うために別れる意味があります。自分がそうだと思う相手には、何らかの役割があるので、それについて学び、気付き、理解し、乗り越えたら関係は解消されるというわけです。
次に考えられるのは転機の相手であるからという理由です。転機というのはプラスな転機でもありますが、マイナスな転機でもあります。そのため八方ふさがりの状態だった場合、解放してくれるかもしれませんし、窮地に陥れられるかもしれません。人生で重要な転職・結婚・離婚などのステージで出会った人は、サインを送ってきている可能性があります。しかし、きっかけを与える役割を果たした、長い時間一緒に過ごすことはまれで、すぐに離れてしまうこともあります。
お互いの魂を成長させるべく出会うソウルメイトは、役割を持ち、学びあいながら、出会いと別れを繰り返します。別れにも意味があるので学びから逃げずに自分と向き合いましょう。

別れの後に出会いがある

別れが悲しいからと言って、ソウルメイトと離れたくないと考えるのは何の得もありません。何かを失えば何かを得る、正負の法則というものがありますが、自分の元から去った人がいれば、反対に自分の元に来る人もいると考えられます。ソウルメイトとの別れで、離れたら孤独になると執着している場合は、その相手はソウルメイトでないかもしれません。本当のソウルメイトの場合は相思相愛で孤独な思いをすることはないからです。相手に執着していると周囲のことが見えなくなりますし、自分のことも分からなくなります。ソウルメイトでなくてもそうであっても、孤独な思いや執着する気持ちがある時は、相手と別れるか距離を置く方がいいでしょう。意味は様々ですが、離れた後は次のソウルメイトと出会える可能性は高いです。別れることを恐れずに次の出会いに期待して前向きに考える方がよさそうです。