ソウルメイトの診断

トップページ > ソウルメイトの診断

ソウルメイトだと診断する方法

ソウルメイトと出会った時は特別な感覚があると言われています。しかし、現代的な生活をしている人間では、感覚だけではソウルメイトだと診断することは中々難しいものがあります。形のない感覚というものは人によって差があり、感覚が異常に鋭い方や、感覚が全く鋭くなく鈍い方もいます。例えば、ソウルメイトと出会いたいけれど、まだ出会えていないと焦っていて、自分が全くソウルメイトだと気付けなかったらどうしよう、と不安になるといったことも見られます。基本的にソウルメイトは前世で出会っていて、確実に出会うことは約束されているのに、出会っても相手のことが分からないなんてことはないと、考えている人もいます。しかし、スピリチュアルな世界を信じることができない環境にいる人は、ソウルメイトを認識することは困難です。そんな人はソウルメイトだと診断する方法を実践することをおすすめします。最近、ソウルメイトだと診断する方法で利用されているのが、簡単な方法で導き出せるソウルナンバーです。
自分のソウルナンバーとは、自分の生まれた生年月日を使って出す一桁の数字のことで、その数字が近ければ近いほど、ソウルメイトに近い存在だと診断することができます。最も近いと言える同じ数字の場合は、相性は抜群になります。反対に遠い数字という結果が出ても、違うと言いきれません。時にはそういった結果を招くこともあるので、その時は、出会った瞬間の感覚を信じる、自分の運命を信じるしかありません。必ずソウルメイトと診断できるわけではないので、目安として利用するものと認識しましょう。

ソウルナンバーの出し方

ソウルナンバーの出し方は簡単で、生年月日をバラバラにして足すだけで出すことができます。例えば、1992年3月2日生まれの場合のソウルナンバーの計算は、1+9+9+2+3+2=26です。さらに2+6=8となり、それがソウルナンバーとなります。生年月日をもとに出したソウルナンバーな運命数とも言われます。数字が同じであればあるほど強く惹かれ合うので、8だったら8に近い数字の相手がソウルメイトと診断することもできます。しかし、数字が違っていても惹かれ合うソウルメイトもいるので、ソウルナンバーは目安として使うことがおすすめです。とりあえず出会って惹かれていると感じる人がいたら、相手の生年月日を聞いてソウルナンバーを計算してみましょう。異性でソウルナンバーが重なれば後は自然に惹かれ合い、いつか付き合ったり、結婚したりするかもしれません。同性だったら親友になる可能性があります。ソウルメイトだと自信がない時は、ソウルナンバーを頼りに判断するといいでしょう。

ソウルメイトに直感を感じる時とは?

直感的にソウルメイトだと感じる時があると言いますが、どう感じるのでしょうか?代表的なものは安心感です。そばにいて気が付くと安心できる、話しているだけで安心できる、一緒にいて気を遣わなくてもよいという相手がいたら、それはソウルメイトだという感覚かもしれません。直感で出会って最初に感じる人もいますが、出会ってしばらく過ごすうちに、この人がソウルメイトなのかも…と感じるようになる人もいます。その違いは個人で差があるので、誰でもすぐに分かるとは限りません。直感で感じることができなかった人は、今までの人生で、人間関係を築く中で特殊な感情を抱く人がいないか思い出してみてください。その中にソウルメイトがいるかもしれません。生まれる前に現世で出会えることが約束されています。そのため運命で繋がっている関係性と言えます。しかし、ソウルメイトといつ会えるのか、相手の年齢はいくつなのか、結婚しているのか、同性なのかは何も分かりません。こればかりは出会ってソウルメイトと診断できるまでは分からないので、常に意識をしておくといいでしょう。