ソウルメイトとツインソウルの違い

トップページ > ソウルメイトの特徴 > ソウルメイトとツインソウルの違い

ソウルメイトとツインソウルは全く異なる概念です

ソウルメイトは魂の伴侶を意味しますが、これと似たような言葉で、「ツインソウル」という言葉もあります。

「ツインソウルとは二つの魂という単語?」と思いがちですが、「1つしかないはずの魂が複数人に渡って転生しているという状況」と全く異なります。分かりやすくいうと、「本来一つだけの魂が何らかの事情で分割した存在」で、主に一卵性双生児(兄弟姉妹)が該当します。そういえば、彼らを観察すると、手足の仕草、考え方、喜怒哀楽などが似通っていることが多いです。極端な事例でいえば、「お互い離れたところにいながらも、ちょっとしたヒントだけで合流する」という内容がTVで放映されたこともあります。

もちろん、上記だけ限らず、血の繋がりはないものの、とてつもなく仲良くなるような関係の友人などもツインソウルに該当します。これらの点から、ソウルメイトとは明確な違いがあるといえるでしょう。

ソウルメイトとツインソウルの見分け方のポイント

では、見分け方のポイントについて2つほどお伝えします。

まず一つ目は、夫婦関係にはならないことです。彼らは元は一つの魂であったものの、肉体的に分かれたため、夫婦関係には原則としてならないといわれています。

そして、もう一つは、ソウルメイトは出会ってしまえばそのまま長いお付き合いになることが多いですが、ツインソウルはその逆で出会う可能性はソウルメイトと比べれば格段に下がるということです。また、何かしらの理由を立てて(感覚的に合わないなど)避ける傾向があるともいわれます。

上記を意識すれば、ソウルメイトとツインソウルの区別がつけやすいでしょう。